結膜炎対策

研究所職員が明かす!プラセンタによるアレルギー対策方法

結膜炎対策

結膜炎は眼の疾患で、眼はもともと異物の進入を受けやすく、結膜炎は昔から広くある病気です。結膜炎はウイルスなどの影響も受けますが、そのなかでも花粉やダニ・ペットの毛などに影響を受け、繰り返すのがアレルギー性結膜炎です。プラセンタはアレルギー性の結膜炎対策にも注目されています。

 

○ ステロイド点眼を治療に
アレルギー性結膜炎を起こす場合、ステロイド点眼薬を使用します。アレルギー反応を素早く抑えて、炎症を抑える働きがあります。しかし、根本的な原因は、特定の物質に対する抗体がつくられていることですから、炎症を取り除いても対症療法にしかなりません。

 

○ 合併症にドライアイ
アレルギー性結膜炎では、ドライアイが合併症として起こることがあります。結膜に強い炎症が起こると、治ったあとも涙が出にくくなってしまうのです。結膜炎は放置せず、早めに治療する必要があります。

 

○ プラセンタでステロイドの代わりに
プラセンタには抗体をつくらせない抗アレルギー作用や、炎症を抑える働きがあります。これらの作用によりステロイドの代わりとしても使うことができ、薬と違い副作用が無いのが特徴です。長期的に服用を続けていけば、アレルギーの原因となっていた抗体ができなくなり、アレルギー性結膜炎の根本的な改善になると期待されています。


ホーム RSS購読 サイトマップ