食物アレルギー対策

研究所職員が明かす!プラセンタによるアレルギー対策方法

食物アレルギー対策

食物アレルギーの場合、特定の食品を食べなければ症状は起こりません。しかし、アレルギー体質がある方は、次から次へとアレルゲンとなる食品が増えていき、いたちごっこだともいわれています。根本的な解消として、プラセンタは注目されています。

 

○ 食物アレルギー
食物アレルギーは子どもに多い病気です。子どもはまだ消化器官が未発達で、食べ物を分解する能力が弱く、未消化の食べ物を異物とされることが多いといわれています。子どものころに食物アレルギーがあっても、消化器官の発達によりアレルギー症状は緩和できる場合があります。

 

○ アナフィラキシー
食物アレルギーの場合、強いアレルギー症状を起こし、呼吸困難になる人もいます。これをアナフィラキシーショックと呼び、このような人はアドレナリン自己注射薬を持ち歩かなければなりません。アレルゲンは加工食品のわずかに含まれていることもあり、見逃せません。

 

○ プラセンタで抗アレルギー
食物アレルギーを持つ方は、複数の食品に反応を示すことも多く、除去食をしようにもなかなか難しいものがあります。プラセンタなら抗体をつくらせない働きにより、アレルギー自体を起こさない対策によいといわれています。いたちごっこになりやすい食品アレルギー対策にもおすすめできます。


ホーム RSS購読 サイトマップ