潰瘍性大腸炎

研究所職員が明かす!プラセンタによるアレルギー対策方法

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎はアレルギー疾患のひとつで、異常な免疫作用により起こります。難病のひとつともいわれており、発症すると一生治療が必要だともいわれています。大腸の粘膜に潰瘍ができる炎症性疾患で、なんども繰り返すのが特徴です。この潰瘍性大腸炎の治療にも、プラセンタが注目されています。

 

○ 年々増える潰瘍性大腸炎
潰瘍性大腸炎の疾患素は年々増えており、平成25年では約17万人ほどいるとされています。10万人に100人とそれほど多くはありませんが、毎年数が多くなり、若い人の発症数が多いのが特徴です。原因は明らかになっておらず、自己免疫疾患のひとつとされています。

 

○ 治療で根本的な解決にはならない
潰瘍性大腸炎では内科的治療となり、免疫を抑制させたり、炎症を抑える治療が行われます。しかし、これらの薬剤は症状を抑えているのにすぎず、根本的に体質を変えるわけではありません。そのため潰瘍性大腸炎は一生薬を飲み続ける必要があります。

 

○ プラセンタで抗アレルギー・炎症を抑える
プラセンタでは長く飲んでも薬のような副作用が起こらず、異常な免疫を発生させない働きや、炎症を抑える作用により、潰瘍性大腸炎にも効果的だといわれています。プラセンタは抗体をつくらせない働きがあるため、潰瘍性大腸炎の症状を緩和させると考えられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ