アトピー性皮膚炎対策

研究所職員が明かす!プラセンタによるアレルギー対策方法

アトピー性皮膚炎対策

アトピー性皮膚炎はなかなか治りにくい疾患のひとつです。ステロイド治療などを繰り返すと、リバウンドを起こすともいわれており、なかなか良い治療法が見つからない人も多くいます。プラセンタの抗アレルギー作用により、アトピー性皮膚炎の治療としても期待されています。

 

○ アトピー性皮膚炎の原因
アトピー性皮膚炎の原因は過剰な免疫作用により、特定の物質に抗体がつくられるからです。花粉やハウスダストなどに刺激を感じる人が多く、なかなかアレルゲンをゼロにすることはできず、根本的な治療は難しいともいわれています。

 

○ ステロイド剤の問題
アトピー性皮膚炎ではステロイド剤による塗り薬の治療が主となります。しかし長年使用すると皮膚が薄くなったり、薬を止めると症状が悪化するなどの問題を抱えています。プラセンタの免疫抑制作用や、抗炎症作用により、ステロイド剤と似た働きが期待できるともいわれています。

 

○ 肌を再生させる作用
プラセンタの嬉しいところは過剰な免疫作用を抑えるだけでなく、成長因子により肌の再生も促がす点です。アトピー性皮膚炎がある方は、もともとセラミドなどの成分が不足しており、プラセンタに含まれる成長因子により、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などの生成を促がすことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ