喘息対策

研究所職員が明かす!プラセンタによるアレルギー対策方法

喘息対策

プラセンタの抗アレルギー作用により、喘息の治療にも注目されています。喘息は気管支に炎症を起こす病気で、近年はアレルゲンとなる物質の増加から、喘息で悩む人も増えているといわれています。気管支にむくみが生じると呼吸困難を起こしてしまうのが問題となっています。

 

○ ステロイドによる治療
喘息の治療には気管支を広げる気管支拡張薬と、炎症を抑えるステロイド薬が使われます。気管支拡張薬は根本的な治療ではなく、気管支を広げて呼吸を楽にするものです。ステロイド剤は炎症を抑え、気管支のむくみ自体を予防するため、長期管理薬として活用しています。しかし、ステロイド剤には副作用もあるため、長期間使用するのを避けたい方もいるようです。

 

○ プラセンタの炎症を抑える作用
プラセンタには炎症を抑える作用があり、喘息の人が服用することで、気管支の炎症が改善していくと考えられています。喘息の人が問題となるのは、気管支に炎症をおこしむくみができて、呼吸困難を起こすことでしょう。プラセンタなら長期間服用しても副作用のリスクが無く、炎症を抑える根本的な治療としても期待されています。

 

○ 自律神経を整える作用
喘息患者さんの多くは、自律神経が乱れているともいわれています。プラセンタには自律神経を整える働きもあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ